道後温泉 ➡ しまなみ海道 ➡ 広島  その①

3月11日、12日は道後温泉と広島へ行きます。
なので、残念ながら金曜日の山ちゃんのステップとエアロは、今日はお休み。

「坊ちゃん」と「坂の上の雲」で有名な松山そして道後温泉。
そして、原爆記念館と広島焼、安芸の宮島で有名な広島。
そんなところを訪れます。

松山にはまだ市電が走っていて、とてもレトロな街です。そして、その市電の中にも市民が自由に投稿できる俳句の投稿箱がありました。
市内には至る所に俳句が書かれ、さすが正岡子規の愛した街だと納得がいきました。

松山で最初に訪れた場所は松山城。城に訪れる時にはいつもするように天守閣に登りました。そこからしまなみ海道は見られるかな???と思いましたが、あとで考えると距離がありすぎて無理だったんだと感じるほど遠かった。

次に行ったのは公園。たまたま買った周遊券のようなものについていたので行ったという感じ。実は松山城へ登場していた武士の住まいがあったとのことで、当時をしのぶことはできないものの、とても静かでいいところでした。

松山でも結構歩き、次に行ったところが坂の上の雲ミュージアム。最近出来た建物のようでとても近代的で、明治時代を描いた坂の上の雲との対比が不思議な雰囲気を醸し出していました。産経新聞に連載されたイメージそのままがミュージアムの内壁に印刷され、連載の長さとすごさを感じました。

そして、道後温泉へ…。道後温泉ではとにかく道後温泉本館へ行こうということで、温泉に入りました。公衆温泉で、人も多く、ゆっくりできなかったけれど、雰囲気は充分に堪能することができました。

旅館の食事はリッチでかつおしゃれでまた、品がある夕食でした。
もちろん温泉も入りました。道後温泉はあまり匂いがなく、また色も無色で少し物足らなかったけれど、1時間も温泉で過ごし、本当に道後温泉にきてよかったと思いました。

温泉に1時間も浸かったというのに、部屋に帰るとすぐ眠たくなり、すぐ夢の中へ…

明日は広島だ~

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください