電子ドラムの購入

昨年の暮れにヤフオクで電子ドラムを購入しました。

機種はTD-11KV-S。パッドがスネアのみでなくタムタムもメッシュになっているタイプです。

ヤフオクで落とした電子ドラムには、ハイハットスタンドのついたハイハットもついていました。

シンバルが2枚しかついていなかったので、追加でシンバルを1枚追加しました。

追加のシンバルについては、シンバルだけをヤフオクで落とし、シールドをハードオフで購入、

以前購入していたスタンドを活用して3枚目のシンバルとして追加。

これだけ追加すると、いつもスタジオで使用している生ドラムと構成が同じになり、ワクワク。

さて、使用した感じですが、なかなかのもので、実際、ドラムの練習に最適です。

ちょっと気になる点は以下の通り

①ハイハットの鳴りが本物とは違い、ペダルを緩めても「シャッ」という音がきちんとなってくれない。

 従ってハイハットのオープンの音を出そうとすると生のハイハットと奏法が少し変わってきてしまう。

②あと、タムタム、スネア類の太鼓とシンバル類の音のバランスがよくない。シンバル類の音が小さいのだ。

 説明書を読めば音の大小も調整できるとは思うが、今のところできていない。

③そして音源モジュールに豊富な機能があるものの、説明書を読むことが面倒くさく、使いこなせていない。

アンプなしでの音量については、下に3枚程度マットなどを引いたことからフットペダルの叩く音は大分軽減されている。

実家の2階に置かせてもらっており、2階で叩くと、1階ではフットペダルの音が鈍く聞こえるものの、

それほど気になる音ではないとのこと。(私は演奏しているので1階の状況は確認できていない。)

今後は、せっかく購入したのだから最低でも週1は練習するようにしたい。

気を付けなければならないのは、毎日の練習がおろそかになってしまうこと。

出来るだけパッドでの練習も継続していきたいと思っています。

それにしても、「とうとう買っちゃた」という感じです。

では、またまた。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください