ドラムに再チャレンジ。でも誤算が・・・(;´д`)トホホ

(今回再チャレンジに際しヤフオクで落としたラディックのLM-400K)

今日はドラムに再チャレンジした時の感じを書きたいと思います。

ドラムを再度やり始めるとき、「ドラムならちょっと練習すれば前の感覚にすぐ戻るさ」

と高を括っていました。

しかし誤算が2つありました。

1つ目の誤算はスティック捌き。

練習のために練習パッドに前に座り、スマホに落としたメトロノームアプリに合わせて

16ビートを刻もうとすると、手がもたついて正確にビートが刻めない。(スピードは140)

120までスピードをおとしてはじめて16ビートが叩けるという有様でした。

課題曲は、速さが150で、かつハイハットで16ビートを刻む部分が長く、とてもそのままでは

演奏できない。

160程度の速さで正確に16ビートが刻めるような練習が必要となる事が判明した。

第2の誤算は、フットペダルが正確に踏めないということ。

練習スタジオで一人で練習をしてみた。

課題曲のデータを貰っていたので、それを流しながらドラムを叩くと、思うように

バスドラムが叩けない。特に8分音符「トトン」が速くなってしまう。

毎日毎日スタジオに通えるわけではない。どの様にして練習したらいいのか・・・

ネットで調べると、部屋で単純に足を踏んで練習することも”あり”とのこと。

これら2つの誤算を抱えたまま、3か月後のライブへ向けて練習をすることになりました。

ライブまでの間どのような練習をしていったかについては次回に書くこととしたい。

※僕が購入したラディックのLM-400Kはこちら

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください