35年ぶりのドラム演奏②

35年ぶりの生ドラム、まだスティックしか持っておらず、スタジオに備え付けられた
スネアドラムを使用することに。
スタジオのスネアはPearl。相当使い込んでありヘッドが大分傷んでいます。
でも音はそれなりになる。

なんとなく8ビートを叩いてみる。
ドンドン チャッ ドンドン   チャッ ドンドン チャッ ドンドン   チャッ 
両手はなんとなく動くが、足が思うように動かない。
特に16ビートでフットペダルを踏むとリズムなんて感じではなくなってしまう。

フットペダルというのは、パスドラム(一番大きなサイズのドラム)を叩くための
器具。足でペダルを踏むと、フットペダルに装着されたビータがバスドラムを
叩く。
早いリズムだと足を痙攣したようにしないとたたけない。

そんなフットペダルを踏むが、昔の感覚と大分違う。そして思うように足が動かない。
フットペダルについたバネが原因じゃないだろうか・・・、なんて考えるが、よく考えると
感覚が鈍っただけだと気が付く。
「あとは練習しかないと」諦め、その日は胸にわだかまりを残したままスタジオを去る。

こんな状態で3か月でライブが出来るまで上達することが出来るだろうか・・・というのが
この頃の一番の悩みでした。
結果としては、ライブには何とか間に合いはしたが、ほとんど毎日練習台に向かうのと
同時に毎週1回はスタジオへ行き、生ドラムを叩いた結果だと思います。

次回はその経過をちょっぴり報告したいと思います。

では、また。(@^^)/~~~

35年ぶりのドラム演奏①

昨年の11月4日、名古屋市今池のパラダイスカフェで35年ぶりにライブを行いました。
ドラムを触るのも相当久しぶりで本当にバンド演奏できるのか自分でも疑心暗鬼でした。

どうしたら学生時代の感覚を取り戻せるだろう・・・。
やっぱり生ドラムを叩くのが一番だと思いスタジオを予約することにしました。

でも、スタジオって近くにあるのだろうか???
インターネットで検索すると車で30分で行ける愛知県稲沢市にあるスタジオが見つかりました。
スタジオってドラムが置いてあるのかな?・・・というのが次の疑問でした。
電話で確認するとなんと・・・ドラムセットが置いてあるスタジオがあるではないか・・・感動!!!
速攻で電話をしスタジオを予約することにしました。
心配だったのは誰かがスタジオを予約しており開いている時間があまり無いのではないかということ。

実際に電話をしてみると、あっけないほど簡単にスタジオの予約が出来ました。
これでドラムの練習が出来る。。。
「練習さえすれば昔の感覚なんかすぐ戻るだろう」と本当に気楽に考えていました。

さて、実際にドラムを叩き、昔のように叩けたのでしょうか。
その状況は明日また書きたいと思います。

では、また、(@^^)/~~~。